アロマ&ハーブ、国際レベルの技術取得スクール・サロン 心理学 本格マナー 海外研修&インターンまで 癒しの学校

JAVA対応のブラウザでご覧ください。

 姫路城

法隆寺とともに日本で初めてユネスコの世界文化遺産に登録された城。国の特別史跡。
安土桃山時代から江戸時代初期にかけての建築技術の粋を極めた傑作。 2009年度より大天守の「平成の大修理」に着手。工事見学用エレベーターが設置されるため違う角度から天主を楽しめる。夜もライトアップ。

時間:9:00分〜16:00(6月〜8月は17:00分まで)
場所:姫路市本町68  TEL:079-285-1146  料金:大人¥600 小人¥200

国宝・重要文化財、姫路城
 姫路文学館

播磨ゆかりの文人たちを顕彰し、資料の収集および調査、研究を行うとともに、あらゆる文学活動の拠点とすることを目的に、建築家安藤忠雄氏のデザインで建てられた。 播磨曼荼羅・文人展示室が北館に、映像展示室・司馬遼太郎記念室が南館にある。

時間:10:00-17:00(入館16:30まで)
休館:毎週月曜(祝日の場合開館)、祝日の翌日(土日の場合開館)、年末年始(12/25〜1/5)
場所:姫路市山野井町84 TEL:079-293-8228  料金:一般¥300  大学・高校¥200  中・小学¥100

姫路文学館公式ホームページ
 姫路市立美術館

明治から大正にかけて帝国陸軍姫路第十師団の兵器庫・被服庫として建設された赤レンガ造の建物。有形文化財。 ベルギー美術のコレクションや、ロダン、ブールデルの作品など世界的な名品、名画の収集にも力をいれている。 夜は城と共にライトアップ。

時間:10:00-17:00(入館16:30まで)
休館:毎週月曜(祝日の場合開館)、祝日の翌日(土日の場合開館)、年末年始(12/25〜1/5)
場所:姫路市本町68-25 TEL:079-222-2288  料金:一般¥200  大学・高校¥150  中・小学¥100

姫路市立美術館
 兵庫県立歴史博物館

丹下健三が現代の城をイメージして設計し中曲輪の武家屋敷跡に建設。 常設展示室では原始から近現代に至るまでの兵庫県の歴史を中心に展示するとともに、姫路城をはじめとする日本全国の城郭を、建築・歴史・城下町等様々な視点から紹介。

時間:10:00-17:00(入館16:30まで)  休館:毎週月曜(祝日の場合開館)、年末年始
場所:姫路市本町68 TEL:079-222-2288
料金:一般¥250  大学・高校¥150  中・小学無料(ココロンカード提示) 県外¥50

兵庫県立歴史博物館
 姫路市立動物園

姫路城を望み、ゾウの姫子、キリンの姫リン&コウスケをはじめ、沢山の動物を見学できる。「ふれあい広場」や「ミニ牧場」もある。 西日本では唯一ツチブタもいる。何故かタンチョウ鶴が檻の外に飛来してくる野生サギに餌を御裾分けする。 老朽化しているが飛行機塔、観覧車、マジックハウス、モノレールなど遊具施設もあり、子供には嬉しい。

時間:10:00-17:00(入館16:30まで)  休館:年末年始(12/29〜1/1)
場所:姫路市本町68 姫路城東隣り TEL:079-284-3636 料金:一般¥200 5才〜中3¥30 

姫路市立動物園
 姫路城西御屋敷跡庭 好古園

発掘調査で確認された姫路城の遺構を生かし、平成4年に造営された日本庭園。約1万坪。 滝や池のある池泉回遊式「御屋敷の庭」や本格的数奇屋建築の茶室、双樹庵のある「茶の庭」など9つの庭園群で構成。 時代劇のロケ地としても使われる。

時間:4/27〜8/31 9:00-18:00(入館17:30まで)、 9/1〜4/26 9:00-18:00(入館17:30まで)
休園:12/29〜30 ※行事開催等により、開・閉園の日・時間を変更することあり。
場所:姫路市本町68  TEL:079-289-4120  料金:一般¥300  小・中学¥150 

姫路城西御屋敷跡庭 好古園
 兵庫県立こどもの館

安藤忠雄氏設計による、幼児教育センターを内部組織に持つ大型児童館。 乳幼児から小学生、中学生、高校生まで、子どもたちは家族や団体で訪れ、大自然の中で遊んだり、演劇活動や自己表現活動、図書活動を行い自然と人と文化のふれあいの中で、豊かな個性や温かい心を育んでいる。

時間:9:30-16:30 休館:毎週火曜日(変動有)、月の末日、年末年始(12/29〜1/1)
場所:姫路市太市中915-49  TEL:079-267-1153  料金:無料 

兵庫県立こどもの館
 書写山円教寺

西国三十三箇所第27番でもあり、西の比叡山と称される天台宗の別格本山。 大講堂、釈迦三尊像などの重要文化財も多数。 近年はラストサムライや大河ドラマ『武蔵』などのロケ地として有名。 駐車場横のロープウェイの利用で山上までは約4分。

時間:8:30〜17:00(季節によって変更あり)
休山:年中無休(12月にロープウェイが点検のため1週間程度運休。納経は可能)
場所:姫路市書写2968 TEL:079-266-3327 料金:¥300(志納金)、食堂(じきどう)拝観料¥200 

書寫山圓教寺  書写山ロープウェイ
 書写の里・美術工芸館

書写山の麓、夢前川の畔にある美術館。 播磨地方の伝統工芸品や郷土玩具、郷土出身の元東大寺官長・清水公照師の作品や愛蔵品を常設展示している。 工房では伝統工芸職人による姫路張子や姫路こま等製作の実演がされており、絵付け体験などもできる。

時間:10:00〜17:00(入館16:30まで)
休館:月曜(休日を除く)、休日の翌日(土・日・休日を除く)、年末年始(12/25〜1/5)
場所:姫路市書写1223 TEL:079-267-0301 料金:一般¥300 大学・高校¥200  小中学¥50

書写の里・美術工芸館




 トータルセラピー 癒しの学校


    〒670-0015 姫路市総社本町214GoodHeartビル  TEL: 079-288-5630  営業時間: 9:00am 〜 9:00pm  URL: http://iyashi.in